比較
PR

ノビルンとJUMPY(ジャンピー)の違いは?どちらが良いか10項目で徹底比較!

happypanna
本ページに商品プロモーションが含まれています

この記事では、ノビルンとJUMPY(ジャンピー)の違いについてまとめています。

10項目についてどちらが良いかを徹底的に比較しました。

ノビルンもジャンピーも、子どもの成長期に必要な栄養がバランス良く含まれているサプリメントです。

しかし調べてみると、細かい栄養成分などの違いがあるが分かりました。

味の種類や定期初回購入価格を重視するならノビルン、栄養素の多さや添加物の少なさを重視するならジャンピーを選ぶと間違いはないでしょう。

ノビルンとジャンピーのどちらを購入しようか迷っている人は、この記事を参考に選んでみてください。

比較結果!味の種類ならノビルン!栄養素の多さならJUMPY(ジャンピー)を選びましょう!

ノビルンの優れている点
  • 定期購入の初回価格が安い
  • 味の種類が多い
  • カロリーが低い
  • 安全性が高い
  • 支払い方法が選べる
JUMPY(ジャンピー)の優れている点
  • 定期購入の2回目以降の価格が安い
  • 形状が小さめ
  • 栄養素が多い
  • ボーンペップの量が多い
  • 添加物が少ない

この記事で比較している10項目について、商品の優れている点をまとめました。

ノビルンかJUMPY(ジャンピー)かでよく迷う項目を選びましたが、商品を比較しても大きな差はなく、購入者の目的や好みで選び方が変わりそうです。

味の種類で選ぶならノビルンですが、栄養素が多い商品を選ぶならジャンピーですね。

これからひとつずつ比較結果をお伝えしますが、各商品の詳細を知りたい人はそれぞれの公式サイトで確認してください。

ノビルンとJUMPY(ジャンピー)を10項目で比較しました!

比較項目おすすめする商品
①定期初回購入価格ノビルン
②定期購入2回目以降の価格ジャンピー
③形状ジャンピー
④味の種類ノビルン
⑤栄養素ジャンピー
⑥ボーンペップジャンピー
⑦添加物ジャンピー
⑧カロリーノビルン
⑨安全性ノビルン
⑩支払い方法ノビルン

ノビルンとJUMPY(ジャンピー)について10個の項目を比較してみました。

比較した項目と、それぞれの項目でどちらがおすすめかを表でまとめています。

利用目的に応じてノビルンかジャンピーを選んでくださいね。

以下で比較した項目を順番に解説していきます。

比較①:定期初回購入価格ならJUMPY(ジャンピー)よりもノビルン!

定期購入初回価格を重視するなら、ノビルンを選びましょう。

ノビルンもJUMPY(ジャンピー)も、公式サイト・Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングで販売されています。

その中でも、ノビルン公式サイトの定期コース初回は1,980円(税込)で、いちばんお安く手に入れることができますよ。

一方、ジャンピー公式サイトの定期購入には初回割引はありませんが、いつでも1袋30日分が、3,099円(税込)で購入できます。

初めて商品を購入する時は、子どもが食べてくれるのかが分からないので、値段は安いほうがありがたいですよね。

定期購入の初回を上手に利用して、まずはノビルンを30日間試してみてください。

比較②:定期購入2回目以降の価格ならノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)!

定期購入2回目以降の価格で比べると、JUMPY(ジャンピー)が安いのでおすすめです。

比較①でもお伝えしましたが、ジャンピー公式サイトの定期購入を利用すると、いつでも1袋の単品が3,099円(税込)で購入できます。

また定期購入で毎回2袋のお届けにすると、2袋で5,999円(税込)とさらにお得になりますよ。

ノビルンの定期コース2回目以降は、1袋3,480円(税込)です。

またジャンピーのように、2袋まとめて購入しても割引はないので注意しましょう。

商品の継続利用を考えると、ノビルンよりもジャンピーを選ぶと金銭的負担は軽くなるでしょう。

比較③:形状ならノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)!

形状で言えば、ノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)が食べやすいと感じるでしょう。

ノビルンもジャンピーもラムネ菓子のようなタブレット形状です。

ノビルンの公式サイトでは1粒の大きさは明記されていませんが、直径約2cmとの口コミがあるので、一般的な市販のラムネ菓子よりも大きいようです。

ジャンピーの1粒の大きさは直径1.5cmとノビルンより小さめなので、小さいお子さんにも食べやすいと言えそうです。

ただ、1日の摂取量がノビルンは2粒でジャンピーは5粒と違いがあります。

大手通販サイトの口コミには、「ノビルンは2粒なので食べるのが簡単でいい」、「ジャンピーを5粒は多すぎて食べられない」、「ジャンピーを5粒も食べられてうれしい」と言う意見も見られました。

ジャンピーの1日の推奨摂取量は、3歳から5歳が4粒、6歳から11歳は5粒、12歳以上は6粒となっていて、年齢によって簡単に量の調節ができます。

比較④:味の種類ならJUMPY(ジャンピー)よりもノビルン!

いろいろな種類の味があるといいと言う人は、ノビルンを選びましょう。

ノビルンには、ラムネ味・ぶどう味・ココアチョコ味・パイナップル味の4種類があります。

ジャンピーには、ラムネ味とミックスフルーツ味の2種類がありますよ。

ノビルンもジャンピーも、食べ続けても飽きがこないような配慮が感じられますね。

また、ノビルンとジャンピーは定期購入ではいつでも味の変更ができます。

味の種類が多いノビルンの方が選ぶ楽しさがあるので、お子さんも飽きずに続けられますよ。

比較⑤:栄養素ならノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)!

栄養素の多さであればJUMPY(ジャンピー)を選ぶと良いでしょう。

ジャンピーには、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンD・鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・HMB・ムクナ・乳清たんぱく・コラーゲンペプチド・L-バリン・L-ロイシン・L-イソロイシン・L-アルギニン・L-バリン・L-オルニチン・乳酸菌・ボーンペップ・PS(ホスファチジルセリン末)の全22成分が贅沢に配合されています。

PS(ホスファチジルセリン末)は、ジャンピーのみに配合されている成分!

集中力や記憶力、落ち着きをサポートする成分で、勉強やスポーツなどお子さんの成長に役立つと言われていますよ。

ジャンピーは、なんと1日5粒で100億個の乳酸菌も摂取できるんですよ。

また、ジャンピーは栄養機能食品で、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンD・鉄・カルシウムの補給に適しています。

ノビルンは以下の12種類の成分が明示されています。

カルシウム・マグネシウム・ボーンペップ・たんぱく質・ビタミンB6・ビタミンD・ビタミンK・アルギニン・シトルリン・オルニチン・α‐GPC・スピルリナ

ノビルンも栄養機能食品で、カルシウム・ビタミンB6・ビタミンDの補給に利用するとよいでしょう。

栄養の種類はできるだけ多い方がいい、という人はジャンピーを選んでください。

比較➅:ボーンペップならノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)!

ボーンペップを十分に摂取したい場合は、JUMPY(ジャンピー)が良いでしょう。

ボーンペップとは卵黄ペプチドとも言われ、お子さんの成長をサポートする大切な成分です。

そのボーンペップがジャンピー5粒(1日分)に310mgも含まれているんですよ!

ノビルンにも2粒(1日分)に300mg含まれているので、ジャンピーとそれほど差はありません。

ボーンペップをより多く取り入れたい人は、ジャンピーを選べば間違いはありません。

比較⑦:添加物ならノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)!

添加物が少ない製品を購入したい人には、JUMPY(ジャンピー)がおすすめです。

ジャンピーは、保存料・着色料・防腐剤・防カビ剤・酸化防止剤・乳化剤・膨張剤・安定剤・発色剤・光沢剤のいずれも不使用です。

ジャンピーには、砂糖の代わりに還元パラチノース(国内製造)とエリスリトールが使用されています。

また、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ネオテーム)が使われていることには注意が必要です。

一方ノビルンは、合成保存料と着色料は不使用ですが、砂糖(国内製造)と甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)が使われています。

人口甘味料を取りたくない人は、ノビルンもジャンピーも利用は控えたほうが良いですね。

比較⑧:カロリーならJUMPY(ジャンピー)よりもノビルン!

カロリーが低い製品を探している方には、ノビルンがおすすめです。

ノビルンは1日の摂取量2粒で約10Kcalです。

一方でJUMPY(ジャンピー)は1日の摂取量5粒で約17Kcalなので、ノビルンの方がカロリーは低いです。

お子さんの摂取カロリーに気をつけたい場合は、ノビルンを選ぶと良いでしょう。

比較⑨:安全性ならJUMPY(ジャンピー)よりもノビルン!

より安全性が高い商品を選ぶのであれば、ノビルンが良いでしょう。

ノビルンもJUMPY(ジャンピー)も安全性に配慮された商品だと言えますよ。

ノビルンもジャンピーも国内のGMP認定工場で製造されています。

厳しい製造工程管理や徹底した品質管理がされて、製品は作られているのです。

ノビルンは、放射性物質・重金属検査・細菌検査をクリアしています。

ジャンピーも放射能検査は実施していますよ。

お子さんに安心して食べさせたい方には、安全検査を多く実施していて、検査をクリアしているノビルンをおすすめします。

比較⑩:支払い方法ならJUMPY(ジャンピー)よりもノビルン!

支払い方法が複数あったほうが良い人は、ノビルンを選びましょう。

ノビルンの定期購入の支払い方法は、後払い(手数料あり)・クレジットカード・Amazon Payから選べます。

JUMPY(ジャンピー)の定期購入では、クレジットカードのみ使用できることには注意してください。

多少値段は高くなりますが、ジャンピーの通常購入ではクレジットカードと合わせて、銀行振込(前払い)・コンビニ振込(前払い)も利用できますよ。

支払い方法を考えるとノビルンの定期購入が便利ですね。

ノビルンとJUMPY(ジャンピー)はそれぞれこんな人におすすめです!

ノビルンは味の種類や定期初回購入価格を重視する人におすすめ!

ノビルンをおすすめしたい人
  • いろんな味を試したい人
  • 定期初回購入を安く手に入れたい人
  • クレジットカード以外で支払いたい人
  • 安全性が高い商品を買いたい人

以上のような人には、JUMPY(ジャンピー)よりもノビルンがおすすめです!

ノビルンは、味は4種類の中から選べるので、飽きずに続けられそうです。

また、ノビルンの定期コース初回は、購入しやすい値段に設定してあるのがありがたいですよね。

1日あたり66円(税込)で始められるので、この機会にノビルンを実際に試してみてはいかがでしょうか?

JUMPY(ジャンピー)は栄養素や添加物を重視する人におすすめ!

JUMPY(ジャンピー)をおすすめしたい人
  • 多くの種類の栄養を取りたい人
  • できるだけ添加物は少ないほうが安心という人
  • ホスファチジルセリン末(PS)が入っている商品がほしい人
  • ボーンペップをより多く摂取したい人

以上のような人には、ノビルンよりもJUMPY(ジャンピー)がおすすめです!

添加物に気をつけている人には、ジャンピーを選ぶと安心かもしれません。

ホスファチジルセリン末(PS)が配合されているのは、ジャンピーの大きな特徴ですね。

ボーンペップは、ジャンピーのほうがより多く摂取できることは確認しておきましょう。

ジャンピーの詳しい説明は、以下の公式サイトでチェックしてください。

ノビルンとJUMPY(ジャンピー)の違いについてのまとめ

この記事のまとめ
  • ノビルンは4種類の味から選べる
  • ノビルンはクレジットカード以外の支払方法が使える
  • ジャンピーにはホスファチジルセリン末(PS)が含まれている
  • 栄養素の多さを重視するならJUMPY(ジャンピー)
  • 定期初回購入の安さを重視するならノビルン

この記事では以上の内容をお届けしました。

ノビルンもJUMPY(ジャンピー)も、牛乳に溶かす必要がなく手軽に食べられるのが良いですね。

栄養素が豊富なサプリが欲しい人や、ホスファチジルセリン末(PS)を取りたい人にはジャンピーがおすすめと言えます。

定期コースの初回購入価格の安さや、いろいろな味があるといい人はノビルンを選ぶと良いでしょう。

ノビルンの口コミや評判を別の記事にまとめています。

ノビルンを詳しく知りたい人は、下のリンク先をチェックしてくださいね。

>>ノビルンの口コミや評判を確認する

記事URLをコピーしました